2018年CEVISAMAバレンシア、スペイン、国際建築陶芸および衛生陶器展

- Jan 19, 2018-

バレンシア、スペイン、国際建築陶芸と衛生陶器展


11.jpg


2018年スペイン・バレンシア・CEVISAMA、国際建築陶芸と衛生陶器展が2月5日から開催されます。 〜9月2日。


展覧会のご紹介:

世界第二のセラミック工業展。

このショーは1983年に設立され、年に1回開催されます。 この展覧会は世界で最も重要で最も影響力のある専門展の分野における建築材料、セラミック衛生陶器製品です。 スペインの陶器のバスルームが世界の影響力と展覧会として、ボローニャの陶器展示会に続いて、イタリアのバスルームとして世界の姉妹陶器展として知られています。 同時に、セラミック業界では、世界で2番目に大きな展覧会となりました。 2017年に47,390平方メートルの展示面積を持つ38の国と地域から682社が出展し、196社は国際出展者、欧州連合(EU)、ロシアの輸入業者である。 東北アフリカ、米国、チリ、ブラジル、メキシコ、コロンビア、ペルーの中部および南部から。 専門的な訪問者は80,000人以上あり、うち14,005人は国際的な訪問者です。 世界各地のセラミックタイル、衛生陶器、天然石、着色釉薬、セラミック原料、機械器具メーカー、サプライヤーが毎年集まり、最新の技術と製品を紹介し、セラミック業界の最新動向について話し合っています。 同時に展覧会はまた、建築家、デザイナー、インテリアデザイナー、国際バイヤーの多数を集め、業界のトレンド、創造性、最高のプラットフォームを設計されている。 スペインは建築資材や衛生器具の市場で大きな可能性を秘めています。 CEVISAMAは、海外企業がスペイン、ヨーロッパ、北米、南北アメリカの建築資材や衛生陶器市場に参入する絶好の機会です。 それはまた、業界にとって必見の貿易イベントでもあります。